テーマ:佳作:★★★☆

佳作:★★★☆『拝金』

堀江貴文の処女作品『拝金』。非常に面白かったです。 堀江氏自身が語っている様に、この作品は「突き抜けた」男の物語です。また、ビジネス書でもあります。高校生のころにこの本を読んでいたら確実にベンチャー企業をたちあげようとしたと思います。それくらい、強い影響力をもった作品です。 また、『君がオヤジになる前に』でも語られている様に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佳作:★★★☆『スーパーロボット大戦L』

 クリアしました~、L。まぁ基本的にはいつもどおりのスパロボで、最初はシナリオが進むにつれてユニットが増えていく事にテンションがあがって、後半はめんどくさくなってくるってのは変わらず。  『鉄のラインバレル』と『マクロスF』が中心となっているのですが、自分はずっと『ラインバレル』ルートにいったんで、あんま触れなかったんで楽でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佳作:★★★☆ 『ドラゴンボール レイジングブラスト2』

 さて、散々遊び倒したので評価です。まず一つ言えることは、「ここまで来たか」という感動です。映像の美しさ、演出の迫力、オンラインバトルなどまさにPS3時代に相応しいドラゴンボール作品に仕上がりました。PS2時代のドラゴンボールの集大成『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』があまりにも素晴らしすぎて、それ以降の作品の出来に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佳作:★★★☆『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』

 西尾 維新大好きな(?)な友達から紹介された西尾大先生を読みました。とりあえずメフィスト賞受賞作品でもありデビュー作品でもあるという今作を読破。 僕は、中学校の時に乙一は大体読んで、後は佐藤祐哉も読んだんでいつかはあたるかな~と思ってたんですけど、なかなか機会がなくてチャレンジしなかった作者。  そもそもどうしてチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佳作:★★★☆ 『Hadou』 

 『この世というものが 捨てたもんじゃないと 思える時だった』  B'zの稲葉浩志の4thアルバム。『マグマ』の頃とは違い、作詞面でも精神的には大分安定した印象、サウンド面でも全体的にライブを意識したつくりが目立つ。  稲葉ソロに共通して言える事だが、一回聴いただけではとっつきにくく噛めば噛む程味がでるスルメテイスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more