雑記:『レコ大:最優秀歌唱賞』

近藤真彦とか

ざんばらばんばんばんとか


もうね、アホかと

その時代の「瞬間」を切り取らないとこんなの意味がないでしょ

せめてコブクロでしょ、そこは

平井堅でも納得できる、セールスじゃなくて「歌唱」ということなら


でも、そこで近藤真彦なんて選んだら、全く意味がないものになってしまう


M-1とかでもそうだけど、いつまでも制作者側のご都合主義でつくってたら、そりゃ若い人はテレビみなくなりますよ

世の中には、他にいくらでもコンテンツはあるんだから

いつまでも、おじさんおばさん向けにつくって、あと何年かはそれなりの視聴率とってたいなら構わないけど、それで本当にいいんだろうか


そういった意味では、一番NHKが努力している。紅白にしたって変化し続けようとしているし、ドラマや番組の質も高い。もちろん金があるからかもしんないけど


あまりにも恥知らずなコンテンツを出し続ける民法は淘汰された方がいいよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック