佳作:★★★☆『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』

 西尾 維新大好きな(?)な友達から紹介された西尾大先生を読みました。とりあえずメフィスト賞受賞作品でもありデビュー作品でもあるという今作を読破。


僕は、中学校の時に乙一は大体読んで、後は佐藤祐哉も読んだんでいつかはあたるかな~と思ってたんですけど、なかなか機会がなくてチャレンジしなかった作者。


 そもそもどうしてチャレンジしなかったかというと、ちらっと読んだときの文体が、ね?結構「個性的」じゃないですか。だけどまぁ「食わず嫌い」というのもかっこわるいんで、ちょっと時間ができた今読もうかなと。シリーズでは、「クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識」までは読了しました。なんだかんだで凄い読ませる力ありますよね、主人公自分語り好きすぎだろとか、ツッコミどころは多々ある気もするんですが、なぜか頁をめくってしまう「魔力」がありますよね。今さら僕ごときが言うことではないんですけどね、所詮は戯言。(←こんな感じの使い方ですよね)


 それでまあどうしてまあ今作はキャラが濃いですねえ。主人公と「天才」の女の子が、「天才」だけを集めた孤島に滞在するわけですが、例の如く殺人がおきてしまいます。それでまぁあくどいまでのキャラの個性を主張してくるので、なかなか死んでしまうと悲しいんですよね、読者からしたら。短い時間で感情移入させてから殺すっていう手法は、なかなか面白かったです。キャラが濃い理由も納得というもの。勝手なイメージなんですが、西尾大先生は作品を創るのがめっちゃ早くね?という認識がありまして、それが実際にどうなのかは調べてないんですが、確かに上記の方法なら作品を量産できるのもわかるなあと感心しました。


 言葉遊びというか、いかにして読者の期待を裏切るかってのに人生かけてるんじゃないかって感じがしました。「ちょっと!?あの感動を返してよ!」と言いたくなります、そんな悪い意味じゃなくてね。「こう書けば、読む側はこう考えるだろうから、それを逆手にとってこうしてやる」って感じです。それが快感になって、気づけばずっとよんでしまっている「物語力」は他の追随を許さないとこはありますよね。

 しかし、これはもう僕の嗜好でもあるんですけど、社会に関わることをハナから拒絶してる人間ってのは好きになれないんですよね。主人公は良く「いかに自分が壊れている人間か」を説きながら、自分の価値観を凄い前面にだしてくるんですよ。それで最後に「戯言だから」と言って茶化して誤摩化す。なんか引きこもりがインターネットで匿名なのをいいことに荒らしまっくているのをみてる気になります。


 勿論、戯言シリーズ全てを読んでいるわけではないので、安易に人物評価をするのは良いことではないのですが、少なくとも今作を読んだ印象は「なんかいけすかない」モヤモヤ感が残りましたね。でも、作者の「物語力」には一切の疑いは晴れたので、今度は「物語シリーズ」でも読んでみようかな、アニメも評判良かったらしいですしね。電車の中とか、スナック感覚で楽しむには最適な一冊だと思います。


クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
講談社
西尾 維新

ユーザレビュー:
個性あるキャラとスト ...
がっかりしましたあま ...
サヴァンって(> ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック