秀作:★★★★ 『スーパーロボット大戦Z』

 ちょっと古いゲームになっちゃいますね、Zは。でも最近ようやく二週目(セツコ篇)クリアしたんでちょっと書いちゃいますね。

 しかし、まぁPS2最後のスパロボだけあってその特筆すべき点はかなりのものがありました。まずは、圧倒的なグラフィック。戦闘アニメーションで描かれるロボット達の動きのスムーズさは度肝を抜かれますよ、なんせ地形が違うだけで全く異なった演出をするくらいですからね!今はもうめっぽうPS3のゲームばかりやってますが、ちっとも見劣りはしないですよ。さすがに旧世代とはいえ持てる力を全て注ぎきっただけはありますね、こういう職人技の努力は大好きです。

 そして、シナリオ!おそらく今作のテーマというかちょっとやってみようと思ったことは、3すくみの状態、つまりよりリアルな戦争の状態を表現したかったんじゃないかな。戦闘中に本当にただその場を荒らしにくるやつらが現れて邪魔くせぇなあと思いましたよ。そして、その果てにある「同士討ち」。これはねぇ、色々叩かれる原因にもなってるようですけど、僕は好きですよ。いや、だってスーパーヒーロー達のガチンコバトルほど面白いものは無いでしょ?しかも、凄いヤツらがすれ違って喧嘩して最後にはわかりあって協力するってのは「王道」ですしね。仲間割れに至るまでの過程が稚拙なんだよってことで叩かれてるらしいんですけど、一応もともと相容れないから部隊を別にしてたぐらいだから多少短絡的でもいいんじゃないですかね。まぁもうちょっとその辺のくだりは説得力をもたせてあげてもよかったかも。あとはオリキャラのの敵が酷い(笑)ってのはまあアレですよね。まぁでも多元世紀の混沌とした時代にはキチガイが似合うんじゃないですかね!『DEAD RISING』も敵はキチガイですし!むしろアサキムでさえ、なんであれサイコパスの可哀想な人と思ってあげれば今作への愛情もますます深まるはず。

 最後に、参戦作品!これが今作の素晴らしさの一つであることに間違いは無いでしょう。良くこんな「個性的すぎる」メンツをまとめあげてくれました!特に初参戦の中でもスーパー系主人公のメインを担当した「交響詩篇エウレカセブン」と、リアル系のメインを担当した「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」が非常に頑張ってくれました。これは単純に話の力だけで感動出来たとおもいます。レントンとシンのそれぞれの成長具合がもう本当に素晴らしくて。。。特に、シンは「機動戦士Zガンダム」のメンツから様々な影響をうけて大人になっていく過程はよかったですね。もともとDESTINYはZのオマージュみたいなものだったんで、わかりやすかったです。シンとカミーユがキラを倒すために一緒に特訓してるとことか微笑ましいですよね。エウレカセブンもサクヤ様の下りとか、終盤にかけての覚悟の固まり具合の描写が秀逸でした。他にも新規作品は個性的なメンツぞろいですが、旧作品でもその存在感を強くだしてくれたものが「無敵超人ザンボット3」でした。今までの作品も僕はプレイして来たんですが、かつてこれほど勝平の成長、ザンボットのストーリーを再現してくれたスパロボはあまりなかったように感じます。


 今回のスパロボは、もう本当に混沌とした世界で悪いヤツらも良いヤツらも入り乱れてて何が本当に悪いのか誰が裏で糸をひいてるのかわからない、主人公側は守るべき一般市民の人達から目の敵にされて憎まれて、あまつには戦争の現況よばわりされるんですよ。だけど、それでも泣きながらわめきながらでも必死に必死に頑張るんですよ。「誰かに依存するのではなく、自分の頭で考えろよ」というメッセージは自分たちもかつてそれで道を誤り仲間同士で争ってしまった過去がある彼らだからこそ響く。お互いが異星人だとしても、最初は誤解があったとしてもぶつかりあってわかりあう。エウレカとレントンも愛し合えたんです。そんなミクロとマクロのテーマが一致した今回の『スーパーロボット対戦Z』。かなりの冒険作であり、野心作。シリーズ最高傑作かはわかりません、だけどシリーズ最高に「熱い」です。★★★★


スーパーロボット大戦Z
バンプレスト
2008-09-25

ユーザレビュー:
小隊システムとSRポ ...
良作。面白くて5周く ...
小隊システム小隊シス ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーパーロボット大戦Z の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック